胃潰瘍の原因は3点

胃潰瘍の原因について言えば。何となく分かったつもりでいても、実際には間違った認識をしている人は少なくありません。

 

そこで、ここでは胃潰瘍の原因について再確認したいと思います。簡単に言えば、胃潰瘍とは胃粘膜の防御機能の低下がもたらす病気です。

 

防御機能の低下の原因として、ストレスの蓄積、NSAID(非ステロイド性抗炎症薬)の使用、ピロリ菌への感染等が関係しています。

 

すると、胃粘膜がダメージを受け、潰瘍のリスクが高まってしまいます。ちなみに言うと、十二指腸潰瘍の場合、原因は過度の胃酸の分泌にあります。その結果、胃酸による影響を受けやすい十二指腸がダメージを受けてしまいます。

 

そもそも、胃酸の大量分泌は脂肪分の摂り過ぎによるものです。また、ピロリ菌による感染と十二指腸とも関係がありますので、注意するようにしましょう。

 

ところで、胃潰瘍や十二指腸潰瘍には三大要因が関係していることをご存知ですか?その三大要因とは、「ピロリ菌への感染」「NSAID(非ステロイド性抗炎症薬)」「精神的ストレス」になります。

 

尚、精神的ストレス自体が胃潰瘍等を引き起こす原因にもなります。さらに、ピロリ菌に感染している場合は要注意です。胃潰瘍のリスクを高めてしまいます。一般に、胃潰瘍は日本人、十二指腸潰瘍は欧米人が多く発症する病気だと言われています。

 

胃潰瘍の治し方は?

 

胃潰瘍を甘く見ていると、後で痛い目に遭うことになります。胃潰瘍治療に際し、「きちんと治さなければならない」という自覚を持って臨まなければなりません。もし気になる症状が出ている時には、早めに病院にて診てもらう必要があります。

 

胃潰瘍治療のために病院へ足を運ぶと、ピロリ菌が発見された場合には、まず除菌方法がとられます。しかしながら、除菌を行ったからと言って症状が完治するわけではありません。少なくとも胃潰瘍の再発を防ぐことはできます。

 

また、ピロリ菌とは無関係の胃潰瘍を発症してしまった場合、ピロリ菌の除菌が上手くいかないことがあります。これらのうちいずれかに該当する場合には、胃潰瘍の完治を目的とした治療を受ける必要があります。

 

ちなみに、治療後に胃潰瘍の再発防止を目的とした治療を強制させられる場合があります。いずれにせよ、症状を放置したままではダメです。必ず病院にて適切な治療を受けるようにしましょう。何と言っても胃潰瘍の恐ろしいところは、胃ガンから発展する可能性が高い点です。

 

胃潰瘍に伴う上腹部の痛みや胸やけ、吐き気等の症状が現れたら、胃ガンを発症したと言っても間違いないでしょう。あってはならないのは、勝手に胃潰瘍だと決め付けることです。「辛抱していれば治る!」と思い、何の処置もせずにいると、取り返しのつかな結果となってしまう恐れがあります。したがって、病院にて治療を受けることが大切です。

 

病院にて検査を受けることで、胃潰瘍を完治させることができるほか、胃ガンの早期発見および治療へとつなげることができます。胃潰瘍には早めの治療が肝心です。

 

早期治療の第一歩としてこちらも参考に→胃潰瘍 薬 ランキング

新着情報